「喪中はがき」はいつからいつまでに出すのか?!出し忘れた時は?!


今回は「喪中はがき」の書き方や出し方、また「喪中はがき」に関する疑問を調べてみました。
数年前の父の時も、バタバタとした中で、母が「喪中はがき」を出し忘れてしまったことがありました。
その時も、結局どのようにしたらよかったのか分からなかったので、その時の場合も調べました。

スポンサードリンク

いつからいつまでに出せばいいのか

「喪中はがき」を出す期間は11月中旬~12月上旬がよいとありました。

理由としては、あまり早く出し過ぎても忘れてしまうことがあったり、また遅すぎても、先方の年賀状の準備か終わっていたり、または既に投函済の場合もあるかもしれないので、出来るだけ上記の期間中が望ましいそうです。

しかし、亡くなった時期などで、この場合だけという事ではないそうです。

なぜ出すのか

どうして「喪中はがき」を出すようになったのか?

日本では昔から、四十九日過ぎての半年から1年を喪中とされていて、この期間中のお年賀の挨拶は控える習慣があったそうです。

「喪中はがき」は年賀欠礼(状)・喪中欠礼と言われていて、

“亡くなった悲しみで、新年のあいさつを伝える気持ちになれません。年賀状は喪中なので書けませんが、〈よいお年をお迎えください〉”

というような意味で、「喪中はがき」は新年のあいさつを辞退する旨を知らせることができるからなのだそうです。

出し忘れたらどのようにすればよいのか

「喪中はがき」を出し忘れてしまったり、間に合わなかった時は、【寒中お見舞い】などで対応するとよいとありました。

【寒中お見舞い】は一般的に
1月8日から2月4日の立冬までに届くようにすればよいそうです。
しかし、「喪中はがき」を出していない場合や出せていない場合、また間に合わなかった時は、早めに届くようにしてもよいそうです。

一言を添えることは出来る?

近年、プリントでの「喪中はがき」が主流ではありますが、プリントされたものに一言添えることは出来ます。
ですが、喪中であることを知らせるための「喪中はがき」になりますので、新年のあいさつや慶事、また引っ越しのお知らせなども控えた方がよいそうです。
もし、慶事や引っ越しのお知らせがある場合は、先に書いた〈寒中お見舞い〉で期間中に伝えるとよいそうです。

「喪中はがき」の歴史を簡単に

「喪中はがき」は喪中欠礼や年賀欠礼(状)とも言われていて、「喪中はがき」にて新年のあいさつを辞退する旨をお知らせするものとされています。
明治30年、英照天皇太后様が崩御された時に、官吏が喪に服し、年賀状欠礼を送ったことが喪中の始まりとされていました。当初官吏たちは、皇族の喪に服すためでしたが、徐々に一部の階層にも広がっていき、昭和初期には習慣が確立されていったとありました。
昭和30年代には一般に普及していたそうです。

まとめ

慌ただしくも悲しみの中で、「喪中はがき」を忘れてしまったり、どうしたらよいのかわからないことが多すぎて、間に合わなかったりと、事情はそれぞれあると思いますが、もし「喪中はがき」が間に合わなかったとしても、【寒中お見舞い】というお知らせする手段があるということがわかりましので、もし忘れてしまった場合などは【寒中お見舞い】を出してみてはいかがですかがでしょうか。
私は当時、【寒中お見舞い】というものは知ってはいましたが、出し方がイマイチ分かりませんでした。なので父の親交のある方には、後日、母から電話やお手紙を書くなどして、父の訃報をお知らせした覚えがあります。
母も私も、家族みんなが突然の別れに気持ちの整理が出来ず、その中での色々な手配は本当に大変で辛かったです。
悲しんでいる暇はないと言いますが、本当に喪中である期間は忙しかったです。そして悲しみが強かったです。

今回当時できなかったことの答を、調べることができたので、調べたことが誰かのお役に立てれればいいなと思っています。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサードリンク